ロートアイアン手すりの作り方|日進市

 

ロートアイアンの手すりを現場加工で取り付けました。

お庭への出入りがしやすいようスロープを創らせていただいた 追加工事です。

スロープ工事の着手前です。基本の作りが日本庭園。外から見た目は一般的な日本庭園です。それをお客様の植物のセンスでガーデン内部は洋風ガーデンになっています。

カイヅカや大きな巨石を解体しています。

スロープが完成しました。だんだん洋風に見えてきましたよね。そこにあるマテリアルで庭の表情はがらりと変えることが出来ます。

ココにロートアイアンの手すりを取り付けます。上下にカーブ左右にもカーブ。非常に難しい工事となりました。

 

 

数々のパーツに分かれているロートアイアン。現地で調整しながら組立てていきます。

 

手すりの高さの基準を出します。

今回はお客様のツエの長さと同じ85センチで設定しています。オーダーだから出来るきめの細かいセッティングです。

組み立てがどんどん進みます。この日の気温は40℃。堅い鉄をあぶったりたたいたり、灼熱地獄とかしています。

 

 

門扉を取付け 塗装をして完成します。

シンプルな中にハードな素材で優しさを表現します。

完成が楽しみです。

関連のお勧めブログはコチラ↓↓↓

  1. ウッドフェンスにステンドグラス|愛知県
  2. ステンドグラスが似合うガーデンへ
  3. 続・物置の造り方~2×4構造
  4. ティーズガーデンスクエア株式会社 物置の作り方 その2
  5. レンガの立水栓の作り方|愛知 ビンテージレンガ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です