手書きパース外構デザイン|講習に参加いたしました。

 

学生時代からあこがれていたパースの先生 宮後 浩先生の講義を受けてきました。

 

宮後 浩(みやご ひろし)

建築パースを中心に、店舗、工場などのデザインから企業CIのデザインコンサルティングなど幅広く手がける。

関西での手描き建築パース制作の第一人者として、建築デザインの実践的教育をめざし教育業務にも力を入れている。

造形デザインにおいて(芸術学博士号)を取得。そして今春、技能検定功労という分野で瑞宝単光章勲章を受章。

 

 

講義の内容は楽しく、わかりやすく、実践にすぐ応用できる・・。っと三拍子そろった素晴らしい講義内容でした。

実際の講義の状況です。

パース手書き

 

最終日の実技のお手本を講習をしながら書かれています。 私も水彩をパースに使っていますが、筆の運びや、水の含ませ方が絶妙、神業でした。

そして 最後に課題のコンテストがありました。参加者全員の作品を参加者が審査をするという公平なジャッジのもとに行われました。

 

そこで私、優秀賞を頂きました。

手書きパース

ありがとうございました。

 

 

宮後先生直筆のサイン入りパースもいただきました。

 

講義の時間以外でもさまざまなお話しをさせていただいたり、自分が今まで書いたイメージ図を見ていただいたり、非常に有意義な講習を受けさせて頂きました。

 

今後とも日々精進し、「伝わる」庭を作っていきたいと思います。

 

宮後先生 ありがとうございました。

関連のお勧めブログはコチラ↓↓↓

  1. お家時間。|庭のあり方について考える
  2. 篆刻(テンコク)セットプレゼント|優秀賞商品
  3. イメージ図
  4. 台風被害 名古屋 春日井
  5. ガンダム大地に立つ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です