花壇の作り方|雑木林のログハウスの庭 続編

 

木立の庭の進捗状況です。

アプローチのアクセントに花壇を造りました。

天然石のコバ積みで重量感を出しています。

 

 

●まずは墨だしをします。わざとらしくならないように曲線で表現します。

石材を使うとどうしても柔らかな表情が出せないためのヒト工夫です。

墨だし 花壇

 

 

 

 

●石を積んでいきます。流れるようにコツコツと手間のかかる作業です。

配筋 花壇

裏こめコンクリートを打設し賢固に組上がっていきます。

 

 

●間もなく完成です。

花壇の作り方

お気づきかもしれませんが 今回石積みをしたもう一つの理由として配管を隠したかったこともあります。

新築の場合どこに点検桝が配置されるか出来てみないとはっきりと決まりません。 デザインに大きく影響が出てしまう必要な配管をどう隠すかも大切な要因となってきます。

 

石積み完成

花壇が完成しました。

しっかりとした重量感。そして高原の別荘にありがちな風景がそこに出来上がりました。

 

 

次回は石畳編です。

関連のお勧めブログはコチラ↓↓↓

  1. チャート石の庭|法面有効利用した巨石の景石
  2. 鉄平石の階段|自然石を使ったナチュラルガーデン
  3. 大地の恵み
  4. おでん幸主様|名古屋市栄|店舗ディスプレーデザイン
  5. こんなアイアン門扉ほしかった!春日井市のエクステリア施工例です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です