世界を見つめる目

少し長いけど がんばって読んでください。

『世界を見つめる目』

沖縄県の小学校4年生の嘉納英佑君(10歳)の作品
———————————————————-

やせっぽっちの男の子が

ほほえみながら、ぼくを見つめた

テレビの画面の中で…

ぼくも男の子を見つめた

どんな事があったの?

何があったの?

何も食べる物がないんだ

でも、ぼくは生きたい

くるしいけど、あきらめない

ぼく がんばるよ

えがおが あふれる

生きる人間の力強さを感じた

ぼくは 真実を見つめる目を

持ちたいと思った

悲しそうな目をした女の子が

なみだをうかべながら、ぼくを見つめた

テレビの画面の中で

ぼくもその女の子を見つめた

なぜ、悲しい顔をしているの?

なぜ、ないているの?

せんそうで、家族もいなくなっちゃった

家も 友達も

全部、全部なくなっちゃった

悲しいよ さびしいよ

どうすればいいの 助けて

大切なものをなくした人間の弱さを感じた

ぼくは 涙をふいてあげる

やさしい手を持ちたいと思った

きずだらけの男の人が

苦しそうな顔をして ぼくを見つめた

本の写真の中で…

ぼくも男の人を見つめた

どうしたの?

いたいでしょ 大じょうぶ?

あらそいからは なにも生まれはしない

おたがいにきずつくだけ

にくしみがつのるだけ

人間のおかしたあやまちの大きさを感じた

ぼくは やさしくてあてしてあげる

あたたかい心を持ちたいと思った

ぼくのとなりで

おじいちゃんが

自分の目で見てきたできごとを

ぼくに伝えた

苦しかったせんそうのできごと

おばあちゃんが

自分が体験してきたできごとを

ぼくに伝えた

こわかった そかい先でのできごと

お父さんが

自分が聞いたできごとを

ぼくに伝えた

食べる物がなく 苦しんでいる人がいる事

家がなく つらい思いをしている人がいる事

家族とはなればなれになってしまっている人

ざんこくでひさんなできごと

悲しくなった つらくなった

お母さんが何も言わず

ぼくをだきしめた

むねがいっぱいになった

あたたかいぬくもりが

ずっとずっと ぼくの中にのこった

みんながしあわせになれるように

ぼくは、

世の中をしっかりと見つめ

世の中の声に耳をかたむけたい

そしていつまでも

やさしい手と

あたたかい心を持っていたい

風花 さがの野田さん 大切なメッセージありがとうございます。
涙でいっぱいになりました。そしてあらためて 誓いました。
家族の愛を 感じてもらえる空間。  「庭」

少しでも多くの人に 伝えていきます
花のすばらしさ 植物のすばらしさ そして 家 庭 の愛のすばらしさを・・・。

世界が平和でありますように。壁面

JUGEMテーマ:ガーデンデザイン

関連のお勧めブログはコチラ↓↓↓

  1. ホームページ 完成間近!!
  2. フイリシマトネリコ
  3. 盆栽販売 はじめました。
  4. 暑くなりましたね
  5. いらっしゃいました いらっしゃいませ。

世界を見つめる目」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です