自然体で暮らせること=エコな暮らし。

JUGEMテーマ:ガーデンデザイン

エコの最大の敵は人間のエゴだ!と私は考えます。

トダカフミナリ画像

ECO
「地球にやさしく」とか「環境に優しい」とか キレイゴトを言う前にもっと便利に!もっと早く!・・・そんな人間の欲望が文明を進化させ CO2やフロンガスの排出を増加させたのではないのでしょうか?

っとその前に地球上には65億人以上の人類がいます。その膨大な数の人間たちが毎日酸素を吸って二酸化炭素を吐き出していれば 人間の存在自体が反エコロジーではないでしょうか?

だからと言って人間の数を減らそうとか文明をストップして昔に帰ろうなんてナンセンスなことは考えていません。 

人間は生まれるべくして生まれ、死ぬ時は死んでしまいます。
たとえば、今さら くみ取り便所の時代にウォシュレットのありがたさを経験した今、戻れるわけがないから。(笑)

そこでティーズガーデンスクエアはこう考えます。

飽きのこないデザインを提案し提供すること」

機能的で使いやすく、どんなに小さな構造物にでも付加価値をつけ、大きく使ってもらう」

自然体で暮らせるような空間の提案、提供」

無理 無駄 をなくし末長く愛していただけるような庭づくりをしていきたいと考えます。
「壊す」等の廃棄物も長く使っていただければでなくてすみます。

自然の合理性にそって 無理なく自然体で暮らす。それがいちばんのエコなんではないでしょうか?

エコについて日本国の政策はもっと考えなくては、ならないことがあると思います。

自動車はまだわかりますが、電化製品にエコ?
よく考えると政府が実施しているエコポイントなる政策には、少々疑問を感じています。

続きはまた。

庭・ガーデン・エクステリアのリフォームガーデンクラブ
宜しくお願いします。

関連のお勧めブログはコチラ↓↓↓

  1. ユニソンフォトコンテスト2019優秀賞受賞
    |植生用ブロック芝の駐車場
    スウェーデンハウスの庭
  2. エコな家のアプローチ|健康的で安心な住まい
  3. ライトアップ特集|庭やエクステリアにもう一つの顔
  4. 緑のgooでグリーンサポーター|愛知 外構 ティーズガーデン
  5. ベビーティアーズの花

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です