庭の学校開校|アドバンスコース第1期生募集

 

ティーズガーデンスクール 生徒募集のご案内

(アドバンスコースは建設業に従事された方経験者向けのコースです)

 

若い時に無理をし壊した体が ガタガタと音を出して壊れ始めた時がありました。今まで倒れずに仕事ができていたことが奇跡と感じられる様な体験ができました。健康に大した不調もなく元気でいられることの幸せを実感できるようになりました。

ほとんど動けなくなりベットで苦しんでいるとき私の想いを次世代につないでいかなければならない。そう感じるようになりました。

 

庭で何ができる?

庭造りしかできない「庭バカ」が一体何ができるのか。

人はそこで生活が営まれていると
周りを見なくなり偏った考え方になってしまいます。
たとえば、あなたがドローンを使って、自分自身を含めた
広い範囲を空から観ることができれば「庭で」という考えは
なくなるでしょう。
住空間を構築するにあたって、庭とはおまけ
のような存在になっている考え方が日本では一般的になっています。

本当にこれでいいのか? 

 

私は常に疑問に思い続けていました。
世界に目を向けると、住空間のフロクという考えは
全くなく「家庭生活そのもの」としての庭の位置づけがなされています。

 

庭の文化をもっと当たり前のものにするにはどうすればいいのか。そこで

学校を始めよう!と。

「庭のことを本気で学びたい。プロになりたい。など 年齢に関係なく学べる場が

ほしい。」

各所でセミナーを開いているとそんな声も多く聞こえてきていたことも後押しし

今年7月14日(金)にいよいよ温めていた学校を開校できる運びとなりました。

「愛のある庭づくりを通じて、戦争のない平和な世界へと導く人材育成。

教育想像に向けて、常に挑戦を続けていく。」

 

一緒に真剣に向き合ってくれる仲間を募集しています。

 

学校募集

新たな顧客開拓にお悩みの建築関係の方にはおすすめの授業内容かと思います。もちろん造園業界にはすこぶる向いています。

 

6月に発売される私の書いた本

ティーズガーデンスクール 笑顔、涙、感動の庭つくりませんか。

を教材に利用しながら強力なゲスト講師陣で挑む予定しています。もちろんメインの講義は学長である私、戸髙が務めます。

庭について深く探究していく授業カリキュラムを組みました。

毎、講義時にティーズガーデンスクエア施工事例写真、図面、プランツリスト等を配布しデザインのポイント解説を致します。

主な講義内容です(予定は状況によって余儀なく変更になる可能性がございます)

 

第1講 庭にできること 

貴方にとって庭とは?パネルディスカッションで庭の価値観を考えるおもてなし学、笑顔は世界を変える。チェルシーフラワーショーについて。

第2講 庭はできる

プレゼンテーション座学、カメラワーク・心理学・風水学

第3講 庭でできること 

素材学、マテリアル、プロダクトデザイン、ディティール

第4講 庭木を愛でる

植物学、色 性質 植生 空間構成レイアウト

第5講 庭たのしい!

施工作品見学、生のお客様の声を聴くヒアリング訓練、撮影実習、

第6講 実戦

現場実習 植栽実技指導ワークショップ 現場での実践

第7講 卒業制作発表会

ガーデンエバンジェリスト2級認定試験

 

 

 

人生の諸先輩にさまざまな教えを頂きました。

まだまだ若輩者ではありますが、いつかは私が伝えたいことも、役にたつときがやってくると思います。

伝えることの重要性をひしひしと感じています。
どれだけ腕のいい職人や情熱のあるデザイナーでも多くの方に知ってもらい選んでいただかなくてはその価値は無いものと同じになってしまいます。

生活力という言葉は生きる活力と書きます。個々の家庭の生活力をあげることが世界の平和、戦争のない世界を作ることにつながっていると考えるとワクワクしませんか?

 

スクールの詳細はこちらから。

http://www.ts-niwa.com/ts-garden-school

生徒募集

 

申込希望の方は問い合わせフォームより「スクール申込用紙希望」と入力してください。

詳細のお問い合わせはinfo@ts-niwaschool.com ティーズガーデンスクール事務局までお問い合わせください。(ただ今、専用HPを全力で作成中です。今しばらくお待ちください)

 

自身で限界を決めてしまってはそこが限界点となります。できます。やります。ありがとうございます。

意識を持って自分の可能性をもっと伸ばしてあげてください。そこには最高の結果が待っています。

而今(今、この一瞬)

生きている間に一瞬の体験が続きます。その一瞬一瞬の積み重ねを大切に生きよう。

 

No related posts.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です