石材図鑑|ヨーロッパ・イギリス編

今回はヨーロッパ イギリスから入荷したばかりの石材をご紹介いたします。

 

イギリス 古ピンコロ

赤御影の古ピンコロです。厚みがあり、大きさも大きなサイズです。おそらく、車道に使われていた物でしょう。表面の質感がとても優しく、上品でビンテージ感が漂う素材です。角が取れていて何とも言えない風合いが表現できます。

いま流行りの北欧スタイルの住宅に使用するとやさしいタッチがだせそうです。

 

イギリス ストーンブロック

ベージュイエローの古びた表情にとても味わいがある素材です。床に敷いたり、縁石にしたり、積んだり。色々な使い方が可能なブロックです。少し大きなサイズなので優しいイメージの花壇や縁石に利用したい石材です。

高く積み上げて石垣のイメージを表現するのにもいいかもしれません。

 

ベルギー ポルフィリ階段石

ベルギーの斑岩です。斑岩ならではのどっしりとした存在感は他の石材では表現できません。階段石での使用が普通ですが、他の素材と組み合わせて異色のタッチが表現できそうです。モダン和風な庭に使ってみたい石材です。

 

フランデルピンコロ石 ラフ

ベルギーフランデル地方のピンコロ石です。大きさ・色とも全ての石がばらばらで施工する職人を選ぶ石材です。シックでシャープななタッチがたまらない逸品です。イギリスのガーデンではウロコ張りで優しく表現するのがポピュラーな使い方です。

 

フランデルステッピングストーン

ベルギーフランデル地方の飛び石です。貼り石として利用します。大変硬質な砂岩のためこのまま駐車場に敷き並べることができます。深みのあるグレー色はガーデンやアプローチに落ち着きのある空間を表現するのに適しています。

 

イギリス ヨークストーンガーデンパン

ただの板石ではありません。真中がくりぬいてありちゃんと排水の穴も開いています。ただカッコイイ。それ以上説明のしようがありません。

 

 

イギリス オールドヨークストーン 縁石

限定入荷のオールドヨークストーンの縁石です。その時の流れが浸み込んだかたまりは、花々の美しさ一層引き立てる名脇役を演じる力に満ちています。縁石や階段材としておすすめです。大量に入荷できれば石塀としてボーダーアクセントに最高の表情を見せてくれると思います。

イギリス オールドヨーク

イギリスヨークシャー産出の石灰質砂岩。イギリスでは舗石や敷石として建築、ガーデンに伝統的に使われてきました。ベージュからグリーンのグラデーションに、使用されてすり減った表面がとても美しい逸品です。本場のイングリッシュガーデンにおすすめの最高級素材です。隣に少し映っているのが新品のヨークストーン。味わいが全然違います。

 

これらの石材を使った施工事例はこちらからご覧ください

 

 

 

 

 

 

 

関連のお勧めブログはコチラ↓↓↓

  1. 映画フラワーショー!|名古屋7/16公開トークショーに参加いたします。
  2. 中部経済新聞に掲載されました|チェルシーフラワーショー2015
  3. 経年変化|進化するイングリッシュガーデンの作り方
  4. 庭の種類|愛知 ガーデンショップ
  5. 幕張ガーデンショー開幕!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です