センペルセコイヤの育て方|シンボルツリー紹介

 

センペルセコイア(レッドウッド)

<樹高の高い木>

センペルセコイアはレッドウッドともいわれスギ科に属し、学名はSequoia sempervirensである。

このセンペルセコイア(レッドウッド)は1億数千年前に地球上に現れたものである。

レッドウッドの森は太平洋沿岸に沿って細長く分布している。

この森にはレッドウッドのほかにダグラスモミ、カリフォルニアシャクナゲなど多くの植物が密生している。
レッドウッドは樹高の高くなる樹種として知られ90mを超えているものが少なくない。

巨大なレッドウッドの中には、「トーレストツリー」(樹高112m、直径3m、樹齢600年)

車と比べるとその巨大さがわかります。

「ビッグツリー」(樹高92.6m、直径6.6m、樹齢1,500年)、「ファンデスツリー」(樹高105.5m、直径3.9m)、「ジャイアントツリー」(樹高110.6m、直径5.2m)など名前のついた有名なものがある。

中でも川沿にみられる「トーレストツリー」は樹高が112mで世界で最も高い木として知られている。

山の中のポツンとした一軒家の横にこんな大きな木が植えられるといいですね。

そんな環境で住んでみたいです。

 

センぺルセコイヤ

関連のお勧めブログはコチラ↓↓↓

  1. シンボルツリーのシマトネリコ剪定|春日井市 H様邸
  2. 多肉植物園|春日井市 ガーデンショップ
  3. 日本庭園の作り方|小さなスペースの植栽デザイン
  4. ECO エコ エコポイント 屋上緑化 春日井市 名古屋市
  5. 枕木の坪庭の作りかた。植栽編

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です