屋上庭園その後

久々の更新です。 お待たせいたしました。 屋上庭園のその後をお伝えいたします。

木下地
セッパン屋根の上に 木の屋根をかけました。
今回の緑化の大きな課題は「軽量化」と「ローコスト」

そして何よりECOを全面に出すことによる 「宣伝効果」

緑があれば人が集まる・・・。

そのことを実証します。
そして多くの企業様がこの「緑の看板プロジェクト」取り入れていただいて 街中がみどりであふれてくれたら 地球を守ることが出来るんです!!
そんなすてきな 街になってほしいなぁ。

セッパン屋根はコンビニエンスストアーに多く使用されています。
飽和状態になっているコンビニエンスストアーに利用していただけたら、たくさんの緑が増やせます。

とりあえず木の屋根を保護するためにペンキを塗ります。
でも ただのペンキではありません
ペンキ塗り

まだペンキ
作業は深夜まで続きます。
通常の作業に支障がないように、夕方からの作業になるため 連日こんな日が続きます。

腐植布設置状況
翌日、基盤の下地を取り付けました。

屋根下地完了

右から腐植布、通気シート、木、と三種類の下地を実験してみます。
基盤との間に水の層がどんな影響を及ぼすか実験しないとわからないための実験です。
私的には、木下地が成功してくれることを望みます。冷却効果や飛散防止などのメリットが多いからです。

この緑化システムには多くの温暖化防止の知恵が結集して有ります。
ご興味のある方は、是非問合せフォームよりお問合せ下さい。

明日は、散水システム、基盤取付、発種までをご報告しますね。
お楽しみに。

関連のお勧めブログはコチラ↓↓↓

  1. 雑木の庭|植物もアートになります|守山区
  2. タタキ仕上げ|大地の恵み
  3. アオダモのある趣の庭|一宮市
  4. まだ間に合う!門松作り。今年のティーズガーデンスクエア
  5. 音楽ホール完成しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です