HOME施工例高性能ウッド > エコアコールウッド|木材特徴紹介|愛知

エコアコールウッド|木材特徴紹介|愛知

img642

・理論上は90年以上もつ(国の機関の調べ)

・JAS 保存処理材性能区分 K4以上の能力を所有が認められている(上から二番目)

・AQ認証材(AQ-優良木質建材)  保存処理材、屋外製品材の両方取得

・毒性もなく安全

・燃やしても安全

・リサイクル可能

*K-4の木材使用状態・・・通常より激しい腐朽・蟻害の恐れのある条件下で、高度の耐久性が期待できるもの

・シロアリにとても強い

・割れがほとんど無い

・対応年数・・シロアリ塚に半分埋めた状態で現在18年目  被害無し 腐れ無し

・レッドシダーの3倍以上  ハードウッドと同等の耐用年数がある

 

参考価格 ウッドデッキ 2000×1500 材工 13万5千円~

 

 

 

エコアコールウッドの防腐・防蟻のメカニズム

 

防腐

 

・・・低分子フェノール樹脂を木材組織に注入し加熱硬化することで 樹脂が高分子化します。高分子化した樹脂は腐朽菌の出す分解 酵素では分解が困難な為防腐効果があるのです。

 

防蟻

 

・・・一般に高等シロアリ(ヤマトシロアリ、イエシロアリ等)は お腹の中に原生虫を飼っており、食べたものはその原生虫が 分解してシロアリに栄養を与えています。    ところが 高分子化された木材は原生虫では分解することが できない為、シロアリは満腹なのに栄養源を断たれしまい 餓死してしまいます。

 

寸法安定性(割れがほとんど出ない等)

 

・・・低分子フェノール樹脂を主に木材組織の細胞壁へ浸透させます。    木材の寸法変化は水の移動による細胞壁の膨張・収縮により 起こります、その細胞壁を樹脂で固定するという事で、極めて 寸法変化を少なくするのです。

 

 

従来の保存処理材と違う点

 

・・・従来の技術では、 薬剤そのもに強い毒性が必要だった。また  薬剤の溶脱は防げなかったし、寸法の安定性も見られなかった 。エコアコールウッドは それらの困難とされていた問題点を 解決し、毒性を示さない樹脂による防腐・防蟻・寸法安定・ 薬剤の溶脱をクリアした 保存処理木材なのです。


関連の施工例を見る
ティーズガーデンスクエアのパンフレットプレゼント中!
  • 施工実績
  • おすすめ商品
  • ビフォーアフター
  • お仕事の流れ
  • 料金について
  • スタッフ紹介
  • webで予約する
  • お客様の声
  • よくある質問
  • 会社案内
  • 想い
  • チェルシー奮闘記
  • 坪庭の作り方
  • ティーズガーデンスクール
  • ティーズガーデンスクエアのブログ
  • 緑の成長日記
  • ティーズガーデンスクエアのフェイスブック
  • ティーズガーデンスクエアの事例も載せております
  • 外構・エクステリアに関するお問合せ