HOMEよくある質問剪定について > シマトネリコの剪定方法は?

シマトネリコの剪定方法は?

シマトネリコ

シマトネリコは、剪定なしだと、もともと高木なのでかなり 大きく育ってしまいます。(10~15メートル程度)


あまり伸ばしたくないときには、年2回の剪定が効果的です。


最終的な大きさや、樹形から考えた時のシマトネリコの選び方ですが、 苗の大きさは予算などの問題があるので、 


成長点が止められていないものを選ぶことが大事です。


樹高はさまざまなものが売り出されていますが、 例えば1メートル50センチ程のものでも最上部がカットされ ていると、


そこから伸ばそうとしても側芽がでるので 樹形が乱れます。


そのうえ枝葉が対生につきます。この性質がタワシ状になってしまう原因です。


株立ちの場合もけっこう成長が早いのが特徴です。 対生のものは自然樹形ではなく管理して樹形を整えるのは少し 難しいです。


枝透かしするなら対に出ている片方の枝を落とします。 


もう1点これはすべての樹木にいえますが下枝を簡単に 落とさないことです。


上部の枝はいくらでも萌芽してきますが、下部は強剪定しない 限りでてきませんので注意しましょう。


そのほかにも誰でも簡単に樹形を維持する方法があります。


 

 


その他の剪定はこちらからどうぞ!

before
シマトネリコ剪定前
→
after
シマトネリコ剪定後
T's_予約ボタン

関連のよくある質問を見る
ティーズガーデンスクエアのパンフレットプレゼント中!
  • 施工実績
  • おすすめ商品
  • ビフォーアフター
  • お仕事の流れ
  • 料金について
  • スタッフ紹介
  • webで予約する
  • お客様の声
  • よくある質問
  • 会社案内
  • 想い
  • チェルシー奮闘記
  • 坪庭の作り方
  • ティーズガーデンスクール
  • ティーズガーデンスクエアのブログ
  • 緑の成長日記
  • ティーズガーデンスクエアのフェイスブック
  • ティーズガーデンスクエアの事例も載せております
  • 外構・エクステリアに関するお問合せ