HOMEよくある質問剪定について > 柿の木剪定の方法は?

柿の木剪定の方法は?

柿木剪定ポイントを教えて下さい。

柿の木

必ず切らなきゃいけないのはこんな枝ですね。

 

*上向きに真っ直ぐ伸びた枝

*枝の下半分から下に向かって伸びた枝

 

 

必ずではないが、切っておいたほうがいい枝!!

 

*下の方にある枝の葉への日当たりを邪魔する枝

*込み入っている枝 *長く伸びすぎて根元の方に負担をかけている枝

*同じところから何本も枝分かれしている小枝

*幹の方に戻って伸びている枝

他に、三叉になっているものは、真ん中を切る。

 

柿の葉は大きいから、隣の枝との距離が近いと葉に効率よく太陽が当たりません。

だから真ん中の枝を切ることで、左右の2本の枝の間隔を広げます。 そうすることで柿が外に広がりすぎるのを防ぐことができ、 枝の根元のほうの負担を軽くすることもできます。

また、下の方に良くなりそうな枝がある場合や、 上に伸びた枝しか生えていない大きな幹は、ノコギリでバッサリ切りましょう。

樹の皮を削り、幹肌の凸凹な部分をなくしておくと、 病害虫が産卵する場所がないので、病害虫も激減します。

 

このひと手間が、以外に大事だったりします。



 その他の剪定はこちらからどうぞ!


関連のよくある質問を見る
ティーズガーデンスクエアのパンフレットプレゼント中!
  • 施工実績
  • おすすめ商品
  • ビフォーアフター
  • お仕事の流れ
  • 料金について
  • スタッフ紹介
  • webで予約する
  • お客様の声
  • よくある質問
  • 会社案内
  • 想い
  • チェルシー奮闘記
  • 坪庭の作り方
  • ティーズガーデンスクール
  • ティーズガーデンスクエアのブログ
  • 緑の成長日記
  • ティーズガーデンスクエアのフェイスブック
  • ティーズガーデンスクエアの事例も載せております
  • 外構・エクステリアに関するお問合せ