HOME緑の成長日記|屋上緑化| > クリスマス・イブ・・・・・  12月24日

クリスマス・イブ・・・・・  12月24日

クリスマスとは

ベツレヘム(今のイスラエル)の馬小屋で聖母マリアから生まれた

イエスの誕生日というのは皆さんご存知ですね。

緑、赤、白、そしてゴールドという色がつかわれます。

ドイツ地方で発祥したクリスマスツリーにはたいていモミなどの常緑樹が使用されます。

これは冬の時期でも葉が絶えず永遠を表す物とされています。

あのトゲトゲの葉、ヒイラギも常緑樹です。

この葉の棘はキリストの受難を表し、赤の実はキリストの流した血をあらわすともされています。

そして白は純潔さ、潔白さを表し、

金は3人の賢者に神が東の空の彗星をもってキリストの場所を伝えたという事を意味しているようです。

紀元前のヨーロッパにおいてのこの時期は冬至、

すなわち日中の日が一番短くなりこの日を境にだんだん春の訪れを感じられる季節にあたりました。

そんなことからも緑、赤は春の到来を告げる色とも言われているようです。

このほかに紫色も実はクリスマスに関係する色なのです。

この色はアドヴェント待降節のキャンドルに用いられる色となります。

モミの木でできたクランツ(リース)に4本のろうそくをたて、クリスマス4週間前の日曜日から、

日曜日が来るたびにろうそくに火を灯してゆきます。

色々と説はあるのですが、

4本のキャンドルのうち一本だけをクリスマスカラーの1つにしたり(緑、赤、白、金のいずれか)、

又はローズ系の色を用いたりする時もあります。

この一本の意味は羊飼いたちに神の仕えがキリストの降誕を告げた時の喜びを表すともされています。

 

 

 

Merry-Christmas!!

 

クリスマスイブです。

 

なんだか、気持ちがウキウキしちゃいます~!!(*^。^*)♥

 

帰りの時間が気になって、時計ばかり見てしまいそうですネ。

 

 

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 

「門松」完成しました!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いかがでしょうか?

 

 

 

<今日の花:ヤドリギ  花言葉:征服・困難に打ち勝つ>

 

 


関連の緑の成長日記|屋上緑化|を見る
ティーズガーデンスクエアのパンフレットプレゼント中!
  • 施工実績
  • おすすめ商品
  • ビフォーアフター
  • お仕事の流れ
  • 料金について
  • スタッフ紹介
  • webで予約する
  • お客様の声
  • よくある質問
  • 会社案内
  • 想い
  • チェルシー奮闘記
  • 坪庭の作り方
  • ティーズガーデンスクール
  • ティーズガーデンスクエアのブログ
  • 緑の成長日記
  • ティーズガーデンスクエアのフェイスブック
  • ティーズガーデンスクエアの事例も載せております
  • 外構・エクステリアに関するお問合せ