HOME緑の成長日記|屋上緑化| > オオケタデ(大毛蓼)・・・9月11日

オオケタデ(大毛蓼)・・・9月11日

日の入りが少しずつ早くなってきましたね。   目にする植物が、秋色に変わり始めてきました。


T’sのナツハゼもすっかりオレンジ色に染まりました。
ナツハゼ
青かった実も赤くなって、もっと秋が進むと黒紫になります。

9月に入り暑さもやっと弱まって来ました。

お庭の彩りが変化する時期になってきましたね~。


T’sの庭では、夏から晩秋に咲く「オオケタデ」が、花盛りです。
オオケタデ
「オオケタデ」 タデ科/イヌタデ属  草丈:1~2m  花期:7~11月

アジア原産の帰化植物で、江戸時代から鑑賞用として栽培されていたそうですが、今では各地で野生化しているようです。

イヌタデを大きくしたような感じで、全体に毛が多いことから「オオケタデ(大毛蓼)」と名がつけられました。

この「オオケタデ」、葉に毒消し効果があるらしいのです。
オオケタデ花
オオケタデの別名を「ハブテコブラ」と言います。  「ハブテコブラ」はポルトガル語に由来するものだそうです。

元は薬草としてポルトガルから入ったとのことで、葉っぱを揉んで塗るとマムシの毒を解毒出来る薬草らしいのです。

ただ、実際に解毒出来るのかは分からないようです。

畑の片隅に植えられ、虫さされや化膿止めに利用していたとも言われているみたいです。

長く伸びた茎の先に、ピンクの小さな花を稲穂状に咲かせ垂れ下がります。




先日、オオケタデの花が可愛らしく咲いたので写真を撮っていたら、にらまれてしまいました。





カマキリとセセリチョウ
カマキリがセセリチョウを狙っていたので、自然の摂理だ!とカメラを

向け撮影していたら、セセリチョウが飛んで行ってしまいました。
カマキリとセセリチョウ
すると、カマキリが突然振り向き、ジ~っとにらんできたのです!

「なんだよ!邪魔するなよ!」って感じで!!

カマキリ君、獲物を逃したのは私のせいでしょうか?

動きが鈍かったような気がしますが・・・・・








<今日の誕生花:ブドウ    花言葉:陶酔>

関連の緑の成長日記|屋上緑化|を見る
ティーズガーデンスクエアのパンフレットプレゼント中!
  • 施工実績
  • おすすめ商品
  • ビフォーアフター
  • お仕事の流れ
  • 料金について
  • スタッフ紹介
  • webで予約する
  • お客様の声
  • よくある質問
  • 会社案内
  • 想い
  • チェルシー奮闘記
  • 坪庭の作り方
  • ティーズガーデンスクール
  • ティーズガーデンスクエアのブログ
  • 緑の成長日記
  • ティーズガーデンスクエアのフェイスブック
  • ティーズガーデンスクエアの事例も載せております
  • 外構・エクステリアに関するお問合せ