HOME緑の成長日記|屋上緑化| > ビワの剪定・・・2月25日

ビワの剪定・・・2月25日

ビワは、育て方が比較的優しい果樹です。

庭木としても育てやすいのでお勧めです。

ビワは、乾燥に強いですが、過湿には嫌いますので、水はけの良い肥えた土壌に植えます。
通気性の良い土にするとよく根を張り、木も葉色も実も立派になります。

ビワの剪定は、ほとんど必要がなく、混んだ枝を秋に切ってあげる程度です。
枝先に果実がつくので、切り戻しは行いません。
4~5年するととっても大きくなるので、主幹を切り低く作ります。

ビワの開花後、実がつきはじめたら摘果します。

ビワは、一般的に8月頃に枝の先端の花芽を分化し、秋に花房をつけていきます。
これが10月から2月にかけて次々と開花していき、春頃から果実が大きくなります。

ビワのすべての花を結実させると、果実が小さくなり樹勢が弱るので、
花房数が多いときは開花前に半分から3分の1に蕾を減らします。

寒害の危険がなくなる4月上旬に、1果房で3~5果に適果し、袋がけをします。
そうするとみずみずしい大きな果実に育ちます。
ビワの果実が黄色く色づき、芳香を放ち始めたらいよいよ収穫です。

ビワ利用方法

ビワの薬効を利して、ビワの葉の裏に生えている毛を、ふきんなどで拭い去り用います。
ビワの葉をお茶、お酒、お風呂などに入れて利用します。

しかし、とくにビワの葉やタネの採り過ぎは、逆効果で危険と言われていますので、注意してください。
果肉は、多く食べても問題はありません。

他に、コンポート、タルトや、ゼリー、ケーキ、プリン、ジャムなどにすると美味です。

 

 

<今日の花:カランコエ  花言葉:幸福を告げる>


関連の緑の成長日記|屋上緑化|を見る
ティーズガーデンスクエアのパンフレットプレゼント中!
  • 施工実績
  • おすすめ商品
  • ビフォーアフター
  • お仕事の流れ
  • 料金について
  • スタッフ紹介
  • webで予約する
  • お客様の声
  • よくある質問
  • 会社案内
  • 想い
  • チェルシー奮闘記
  • 坪庭の作り方
  • ティーズガーデンスクール
  • ティーズガーデンスクエアのブログ
  • 緑の成長日記
  • ティーズガーデンスクエアのフェイスブック
  • ティーズガーデンスクエアの事例も載せております
  • 外構・エクステリアに関するお問合せ