HOME緑の成長日記|屋上緑化| > 桃の剪定・・・2月7日

桃の剪定・・・2月7日

モモは邪気を払うとされ、子供の健やかな成長を願って飾ったことが
「桃の節句」の由来となっています。

桃の剪定は、1~2月の落葉期に行います。

落葉樹は休眠中に剪定するのが一番ダメージが少ないのです。

桃の剪定の基本は、次のとおりです。

•日照不足に敏感なので、主枝が重ならないようにする。
•前年の枝の中間部に花芽と葉芽ができるが、切り返し剪定の時に葉芽を2~3個残す。
•車枝、内向枝、徒長枝を切り取る。(上に伸びる枝は木ばかりが太くなり良い実をつけません。)
•残った枝の1/3を切り返す。

 

「剪定方法」

・基本的に各枝に日光がよく当たるように剪定します。
日光が当たらない枝は勢いが悪くなり、枯れてきます。

・花芽のついている枝は、収量を上げるため出来るだけ残し、
枝が重ならないように紐で誘引しましょう。

・その上で弱い枝、日光をさえぎる枝、垂れ下がっている枝などを切除します。

・枝の背中から真上に向かって出ている強い枝については、
その枝の日焼け防止のため1~2芽を残して切除しましょう。

・横に長く伸びている強い枝については1/3程度を切り詰めたり、
葉芽のところで切除しましょう。

 

必要な側枝は、主幹のまわりに平均になるように配置し、
過密になったり重なりあったりしないように注意して、樹形を整えていきましょう。

 

そのほかの植物に関する記事はこちらからどうぞ!

<今日の花:アカメヤナギ  花言葉:強い忍耐>

 

 

 


関連の緑の成長日記|屋上緑化|を見る
ティーズガーデンスクエアのパンフレットプレゼント中!
  • 施工実績
  • おすすめ商品
  • ビフォーアフター
  • お仕事の流れ
  • 料金について
  • スタッフ紹介
  • webで予約する
  • お客様の声
  • よくある質問
  • 会社案内
  • 想い
  • チェルシー奮闘記
  • 坪庭の作り方
  • ティーズガーデンスクール
  • ティーズガーデンスクエアのブログ
  • 緑の成長日記
  • ティーズガーデンスクエアのフェイスブック
  • ティーズガーデンスクエアの事例も載せております
  • 外構・エクステリアに関するお問合せ